このとき 人は 初めて 自らの煩悩を離れ 魂の故郷である 自然に還る

 無我 無念 無想 の三昧。これが禅の目的なら、[心そこにあらざれば、見えども見えず、聞こえども聞こえず]の諺の通り、人は想念発生以前、つまり眼 耳 鼻 舌 身 という、肉体の五官の影響を享けなかった頃、更にいえばこの世に生まれる前の、心の原点である魂の次元に還ることができ、ここでは欲も得も、執着も煩悩も、色欲といった邪念も発生しないので心が調和され、常に安心決定の状態を維持することができるということ。

 それではその行が私にとって、どれほどのメリットがあるのか、どれほどの重大な影響を及ぼすのか、次に記そう。

 


LEVEL4  前ページへ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 次ページへ

HOME   総合目次   プロフィール    ENGLISH
ページのトップへ戻る