言葉とは肉体の口から発し、空気を媒体として相手の鼓膜に振動を与えて相手に思いや考えや意志を伝える手段をいう。

 しかし、言[コトバ]とは、正しくは言葉以前の思い、[念]と表現すべきものであり、自らが他からうけるときはインスピレーションとなり、他に発するときはテレパシーと呼ばれるものである。

 それをもっとはっきり説明するなら、社会の目に見えぬ部分。例えば電波は膨大な量が飛びかい、目に見えぬ空間をおおうが、われわれはそのうちの一つの周波数に合わせて必要な情報をキャッチするのと同じ理なのだ。

 だから、われわれの心に本来もっている同様のメカニックを完全に操作するなら、人の心を見通し、動物や植物と交信し、さらには我々が以前、神と呼んだ、サムシング・グレートの大意識とも通じて、その言[コトバ]を世にもたらす者を予言者と呼ぶ。

 しかしていわん、人間の発する言葉のように、相手の言葉に条件反射で答える薄っぺらな言葉なら、受ける方も発する方も、たいした罪も心にとめる必要もないが、太古の昔より存在する全知全能なる思いを享けし者は、その意志を引き継ぎ、その意志を世に表す義務ある自分を自覚せよ。

 このホームページを読み、大きく共感したあと、急に運命が好転して心に余裕を得た者は、このホームページの内容を、それぞれが与えられた余裕の分野で援助、貢献してほしい。

 このホームページを読んで、素晴らしい感動があり、脊髄にゾクゾクと電気的なシビレを感じ、頭部コメカミの部分が環状にしめつけられ、金粉が発生し、涙が止まらない。といった現象をうける者はまぎれもなき天使人類の証であり、そうした人々は日本をはじめ世界に夜空の星のように散在しているはずであり、そうした人々がこのホームページを媒体として寄り集い、サムシング・グレート[言と呼ばれる宇宙の大意識]の意志の代行者として天佑を保有して、世に表現する、義務ではなく、名誉ある権利を有する者である。


 


LEVEL1   前ページへ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 次ページへ

HOME  総合目次   プロフィール    ENGLISH
ページのトップへ戻る