答えよう

 将来人類を滅亡から救い出すものは科学で、その証拠に物理的確証から成り立つ科学者たちは今の宗教を軽んじ否定する者が多い。

 そして、本来は地球上に存在する全ての諸現象に対して疑問を持ち、同時にそれらの全ては原因と結果の物理的(仏の理) 現象としてとらえて、分析と解明に向かって追求するのが科学本来の在り方であり、ある意味では宗教家の追求の仕方と酷似し、違うのは宗教のように観念的でなく、冷徹な研究者としての目を持つということだ。

 しかも、皮肉にも宗教の聖者が根本の真理を解き、聖者の死後弟子たちが、その教えを枝葉末端に拡大解釈して根本を見失うに反し、科学は逆に、その枝葉末端の疑問を追求して、やがて根本の真実を発見し、全てが物理的根拠に基づくがゆえに何の迷いもない。

 その証拠にかつて天文学的数字からなるヒトゲノム(人の遺伝子暗号) の解読も、急速に発達したコンピュータのゆえに可能となったように、科学はそれぞれの、専門研究分野の総合力で、可及的速度で爆発的な発達をとげ、ついには疑問の全てを解明するが、生命の分野については、生命の加工は可能でも、生命そのものについては蟻一匹も創造できない真実に突き当たり、そこに宇宙を創造し、地球を創造し、様々な生き物を創造された、神と呼ばれる宇宙の大意識を発見したとき、人類は謙虚となって創造主の前にひざまずくだろう。

 


緊急特報Ⅳ 前ページへ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 次ページへ

HOME   総合目次   プロフィール    ENGLISH
ページのトップへ戻る