人は心に闇をいだいて生きている
その心に光を見るのが正法である

そして正法の行とは人に打ち克つのではなく
自分に打ち克つが故に己を超えられるのだ
又自己を超えるが故に光となって神に帰る

我が心は常に神のように慈愛に満ちているか
我が子のように人を愛せるか
その自己犠牲こそ彼岸に到達した佛の証

その心に徹すればこそ我が歳を忘れ死を忘れ
只神と共に法悦に浸りて至福の時刻を歩み
死を迎え神に帰るを無上の法悦とせん          

  合掌 瀬川宗一

 


警告と予言  前ページへ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 次ページへ

HOME   総合目次   プロフィール    ENGLISH
ページのトップへ戻る