つづいて同じ問題について法華経方便品第二で示す

ほっけきょうほうべんぼん
法華経方便品第二
にじせそん
じゅうさんまい
あんじょうにき
ごうしゃりほつ
しょぶつちえ

爾時世尊
従三昧
安詳而起
告舎利弗
諸仏智慧


じんじんむりょう 
ごちえもん
なんげなんにゅ
いっさいしょうもん

甚深無量
智慧門
難解難入
一切声聞


ひゃくしぶつ
しょふのうち
しょいしゃが
ぶつぞうしんごん
ひゃくせんまんのく

辟支仏
所不能知
所以者何
仏曽親近
百千万億


むすうしょぶつ
じんぎょうしょぶつ
 むりょうどうほう
ゆうもうしょうじん

無数諸仏
尽行諸仏
無量道法
勇猛精進


みょうしょうふもん
じょうじゅじんじん
 みぞうほう
ずいぎしょせつ

名称普聞
成就甚深
未曾有法
隋宣所説


いしゅなんげ
しゃりほつ
ごじゅうじょうぶついらい
しゅじゅいんねん

名称普聞
成就甚深
吾従成仏巳来
種種因縁


しゅじゅひゆ
こうえんごんきょう
 むすうほうべん
いんどうしゅじょう

種種譬諭
広演言教
無数方便
引導衆生


りょうりしょじゃく
しょいしゃが
にょらいほうべん
ちけんはらみつ

令離諸著
所以者何
如来方便
知見波羅蜜


かいいぐそく
しやりほつ
にょらいちけ
こうだいじんのん 
むりょうむげ

皆巳具足
舎利弗
如来知見
広大深遠
無量無礙


りき
むしょい
ぜんじょう
げだつ
ざんまい 
じんにゅうむさい

無所異
禅定
解脱
三昧
深入無際


じょうじゅいっさい
みぞうほう
しゃりほつ
にょらいのう
しゅじゅふんべつ

成就一切
未曾有法
舎利弗
如来能
種種分別


ぎょうせつしょほう
ごんじにゅうなん
えつかしゅうしん
しゃりほつ

巧説諸法
言辞柔軟
悦可衆心
舎利弗


しゅようごんし
むりょうむへん
みぞうほう
ぶつしつじょうじゅ

取要言之
無量無辺
未曾有法
仏悉成就


ししゃりほつ
ふしゅぶせつ
しょいしゃが
ぶっしょじょうじゅ

止舎利弗
不須復説
所以者何
仏所成就


だいいちけう
なんげしほう
ゆいぶつよぶつ
ないのうくじん

第一奇有
難解之法
唯仏与仏
乃能究尽


しょほうじつそう
しょいしょほう
にょぜそ
にょぜしょう
にょぜたい

諸法實相
所謂諸法
如是相
如是性
如是体


にょぜりき
にょぜさ
にょぜいん
にょぜえん
にょぜか

如是力
如是作
如是因
如是縁
如是果


にょぜほう
にょぜほんまつ
くきょうとう

如是報
如是本末
究竟等

 法華経方便品第二を訳すとこうなる

 時にゴーダマ・シッタルータ 釈迦牟尼仏( しゃかむにぶつ)が無我無念無想の三昧(さんまい)の竟地に到達し、悟り心に安らぎを得てシャーリ・プトラに告ぐ。

 諸々の仏の智慧は甚だ深く、汲みせど尽きないが、その智慧の門には入り難く解し難いものである。

 独我独進で道を求める者の一切の説法を聴いたとしても、何者も真理に到達することは難しい。

 かつて仏に親しみ近づこうとする仏たちや、様々な行を積み仏と呼ばれる人々ですら、汲めども尽きない法の道をひたすら精進し、神仏の名を唱え教えを聴こうとしたが、彼岸への道は甚だ遠く、且つその真理は未曾有に宏大なるために、自らの心に合わせて諸説をたてるがゆえに、その意や趣を解することは難しい。

 シャーリ・プトラよ。我れ悟りの道に従って以来、様々な因と縁のことを様々な譬(たとえ)によって諭(さと)し、広く法座を開いて数限りない人々の心に合わせ、方便を用いて法を説き、人々の心を引き導こうとしたが、何者も私の心とは遠く離れている。

 しかるに実在界(仏の国)の方便は、人々に人生や運命の中で様々なるものを見せ知らしめて、人々は心に足らざるを具(そな)えさせるための修行の場こそ、この世の実態であり本質なのだ。

 シャーリ・プトラよ。実在界の見せ知らしめようとする意識は宏大深遠であり、汲みせど尽きずわだかまりなく、恐れることのない強大なる力を持っている。

 そのような竟地に到達するには、禅定によって大宇宙大自然の波動と調和し、自らを離れ、無我無念無想の竟地に分け入り、真理の世界に限りなく深く分け入るとき、法の全容を知ることによって真理の全てを会得するのである。

 シャーリ・ブトラよ。このように真理そのものを会得した如来のもつ能力は、人々のさまざまな心に合わせてこれらの諸法を巧みに説き、その言葉は柔らかくいたわりに満ち、人々の心を法悦に浸し、しかも言わんとすること真理の要点を衝き、汲みせど尽きず、限りなき真理のことごとくを説いて、人々の心を悟りの彼岸に到達せしめるであろう。

 しかし シャーリ・プトラよ、待て。
私が今言ったことを再び人々に説く必要はない。 何者をもってしても、人々に悟りを得させることは奇跡に近く、それほども知で法を学ぶことは難しい。
 ただただ、様々な仏や天使が究め尽くさんとしたものは、世の初めから世の実相にあり、言わんや諸法は、

これ様々な相となり。これ様々な性となり。
これ様々な体となり。これ様々な力となり。
これ様々な作用となり行為となり。
これ様々な因となり。これ様々な縁となり。
これ様々な結果となり。これ様々な報いとなり。

 大宇宙大自然の諸現象の中に、全ての真理が内在しているのである。

 ついで同じ方向を示唆して、次の話題を語ろう。

 パンドラの箱から人類の悪いものが次々と飛び出していく。自我我欲や自己保存欲。煩悩や欲望や肉の獣性からくる破壊的本能。卑屈や増上慢。劣等感や自惚れ。といった様々なものが続々と・・・そして最後に希望が飛び出した。
 この希望こそがHUMAN HOPE21 ( 人類の希望 )人類の未来について人類自身がデザインする時期の到来を啓示しているのだ。

 さらに次の問題も同じ方向を示唆する。

  毛虫は母なる木が枯れようが、お構いなしに木の葉を腹一杯食べつくす。やがて自らが吐く糸で紡いだ繭の中でさなぎとなって身動きできなくなるが、繭を破って外に出たさなぎはやがて羽化して蝶に変身する。蝶は花の蜜を

吸うが花を殺さず、花に百倍も千倍もの実をみのらせる天使となる。

 人類もさなぎの時代で、自ら吐く糸で繭を作って身動きならない時こそ現代と知ってほしいのだ。

 繭を破って外に出た蝶の姿こそ天使人類の象徴であり、将来その天使人類が人々をこの世のエデンに導き、この世に仏国土ユートピアを完成させる。人はこのとき、「人類に平和と幸せをもたらすものは、力ではなく愛なのだと気づくだろう」

 合掌  瀬 川 宗 一

 


警告と予言  前ページへ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 次ページへ

HOME   総合目次   プロフィール    ENGLISH
ページのトップへ戻る